監護権 (かんごけん)

親権の中身の一つで、実際に子どもの面倒をみたり、教育をしたりする権利を指します。

親権を構成する「身上監護権」と「財産管理権」のうち、身上監護権の中に含まれる子どもの養育にかかわる部分についての権利と義務が与えられます。

原則として親権者が監護者になることが望ましいですが、事情によっては親権と監護権を分離して、たとえば父が親権者、母が監護者と決めることもできます。

監護者の決定や変更は父母の協議と合意だけで行うことが可能です。

このページの上部へ