監護継続性の原則 (かんごけいぞくせいのげんそく)

子どもの現状を尊重し、特別な事情がない限り、これまでに子どもが育ってきた環境を今後も継続した方がいいという考え方です。

親権者の決定も、子どもの現在の監護環境が安定していることが重要な基準の一つとなります。

親権者になりたい親が子どもを連れ去ってしまうケースも多くみられますが、その場合には、できるだけ早く家庭裁判所に「子の監護者指定」「子の引き渡し」「審判前の保全処分」の申し立てをすることが重要です。

このページの上部へ