審判離婚 (しんぱんりこん)

家庭裁判所の調停で夫婦の合意ができなかった場合でも、裁判所が夫婦にとって離婚が相当であると判断し、調停にかわる審判を下すことがあります。これが「審判離婚」です。

ただし、夫婦のどちらかが不服を申し立てると無効になり、離婚は成立しないので、実際にはほとんどないケースの離婚です。

このページの上部へ