裁判離婚 (さいばんりこん)

調停が不成立で終わり、それでも離婚したい場合には裁判で決着をつけることになります。この離婚を争う裁判を「離婚裁判」といい、ここで成立した離婚が「裁判離婚」です。

ただし、裁判で離婚する場合には、法律が定める5つの離婚原因のいずれかに当てはまらなければなりません。

裁判は時間的、金銭的だけでなく、精神的にもかなり消耗されるものです。法律の知識や経験も必要ですから、弁護士を代理人として依頼する方がいいでしょう。

このページの上部へ