家庭裁判所 (かていさいばんしょ)

家庭に関する事件の審判および調停、少年の保護事件の審判などの役割を担っている裁判所です。

家庭裁判所での離婚調停が不成立になったあと、法定の離婚原因があれば、家庭裁判所に提訴することができます。

裁判では、本人尋問、証人尋問、証拠調べなどの審理が行われ、最終的に家庭裁判所が離婚の可否を決定します。判決に不服があるときは高等裁判所に控訴します。高等裁判所でも決着がつかなければ、最高裁判所に上告します。

このページの上部へ