面接交渉権 (めんせつこうしょうけん)

離婚後、子どもと離れて暮らす親が、子どもと会ったり、連絡を取ったりする権利です。

離婚しても親子は親子ですから、特別な理由がない限り「会わせたくない」と拒否することはできません。会う頻度や時間、場所などを具体的に決め、公正証書にしておきましょう。

ただし、子どもに暴力をふるう恐れがある場合、子どもが嫌がっている場合など、子どもにとってマイナスになる場合には、面接交渉権を制限または拒否することができます。

当事者間での話し合いが困難であれば、調停もしくは審判で内容を決めます。

このページの上部へ