調停委員会 (ちょうていいいんかい)

家事審判官(裁判官)1名、調停委員2名から構成され、調停期日に当事者からトラブルの実情や意見を聞いて、もっとも適当な解決方法を勧める役割を担っています。

家庭裁判所で行われる離婚調停では、家事審判官は複数の案件を抱えていますので、実際には調停委員2人(男性1名、女性1名)と話をするケースがほとんどです。原則として、申立人と相手方は別々に調停室に入り、意見を述べます。そのため、調停で相手と顔を合わせることは原則としてありません。

このページの上部へ