謄本 (とうほん)

原本の内容を全部写して作った文書のことです。戸籍謄本など。 これに対して、「抄本」とは、原本となる書類の一部を抜粋した文書のことです。戸籍抄本など。

このページの上部へ