有責配偶者 (ゆうせきはいぐうしゃ)

離婚原因を作って婚姻関係を破綻させた当の本人のことです。

責任が有ることから、有責配偶者と呼ばれています。たとえば、妻以外の女性と不倫関係にある夫や、妻に対して殴る蹴るなどの暴力をふるう夫などです。

このページの上部へ