特有財産 (とくゆうざいさん)

夫婦それぞれが所有権を持つ財産のことです。

具体的には、結婚前から持っていた預貯金や結婚後に自分の両親や親族から相続または贈与された預貯金、不動産などです。

これらは個人の財産とされ、財産分与の対象にもなりません。

また、夫婦が共働きで生活に必要な費用を収入などに応じて分担し、それ以外の収入はそれぞれの固有の財産であることを夫婦間で事前に取り決めがされている場合や、明確な取り決めがなくても、財産分与時に互いがこれと同じような認識を有していた場合は、財産分与の対象にならないと考えられます。

このページの上部へ