夫婦関係調整調停申立書 (ふうふかんけいちょうていもうしたてしょ)

協議離婚が難しい場合、家庭裁判所に「夫婦関係調整調停(離婚)」の申し立てをします。調停は裁判ではないので強制力はなく、調停委員が第三者として夫婦の間に立ち、話し合いによる解決を探ります。離婚の意志はもちろん、親権や慰謝料、養育費など離婚に関する問題を扱うことができます。

調停を申し立てる際は、「夫婦関係調整調停申立書」を家庭裁判所でもらうか、裁判所のホームページからダウンロードし、記入したうえで提出します。

このページの上部へ