相続権 (そうぞくけん)

相続の開始前または開始後において、相続人がもつ法律上の権利のことです。

男女が婚姻すると親族となり、配偶者は常に相続人とされます。ですが、離婚すれば一方の配偶者およびその親族とは他人になりますので、相続権もなくなります。

ただし、夫婦の間に子どもがいる場合、離婚により夫婦が他人になったとしても親子という関係に何ら影響はありませんので、子どもは両方の親にとって第一順位の相続人だということにも変わりありません。

このページの上部へ