子の氏の変更許可申立 (このうじのへんこうもうしたて)

子どもの姓と戸籍を変更する手続きのことです。

親が離婚しても子どもの姓は変更されません。たとえ子どもを引き取った母親が旧姓を名乗っても、子どもは父親の姓のままです。子どもの姓の変更をするためには、家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出し、審判の申し立てをします。この申し立ては、子どもが15歳未満の場合、親権者(法定代理人)が行います。子どもが15歳以上の場合は申し立ても本人が行います。

このページの上部へ