財産分与 (ざいさんぶんよ)

夫婦が結婚している間に築いた財産を離婚時に夫婦それぞれに分け合うことです。

婚姻中に得た財産は、夫婦が協力して築き、維持したものです。妻が専業主婦で不動産も預貯金もすべて夫の名義というケースでも、財産を築くことができたのは妻の支えがあったからとみなされ、財産の分与を請求する権利があります。

財産分与の請求期限は離婚後2年以内です。もめることも多いので、取り決めは公正証書にしておくことをおすすめします。

当事者間での話し合いが困難であれば、調停や訴訟での解決がよいでしょう。

このページの上部へ