慰謝料 (いしゃりょう)

暴力や浮気など、離婚の原因をつくった側(有責配偶者)が、相手に与えた精神的苦痛に対して支払う損害賠償金のことです。

離婚の原因が性格の不一致などであれば、どちらか一方が原因をつくったわけではありませんので、慰謝料は発生しません。

慰謝料の金額や支払い方法に決まりはなく、また、配偶者だけでなく、配偶者の不倫相手など、離婚の原因を作った第三者にも請求できる場合があります。

慰謝料が請求できるのは、離婚成立後3年以内です。

このページの上部へ